Fly!

永遠の18歳、西畑大吾くんを応援するブログ

17卒ジャニオタの就活日記

皆さまお久しぶりです。

書く書く詐欺常連なのはご存知だったと思われますが、ANOTHERレポ書きたい!書く!と言ってからあのテーマもこのテーマも…とネタばかり増やして実行に移さないこと早2ヵ月ほど。

さすがにそろそろ何か書きたい!のキャパがオーバーしそうなので、今一番スムーズに書けそうな就活日記を書こうと思います。

 

前置き長くてごめんなさい。

先に言っておきますと、この記事は基本的に、私が今までに読ませていただいた他のジャニヲタの皆さんの就活日記に比べて非常に劣等生の就活日記となっております。他の皆さんの記事は、素直に参考になる部分がとても多いと思いますが、この記事は基本的に反面教師的な感じで参考にしていただけると幸いでございます…。

そして就職活動の基本的なやり方等はもちろんここには書きません。あくまでいちばんは記録として残すことが目的です。

これらを踏まえた上で先に進んでください!

 

 

1.本題の前に、私の基本的スペック

 

地方在住、私立4大(文系)在籍。

ランク的にはノーコメントで(察して)。だからもちろん名門大学ではございません。むしろ推薦入試組だし勉強全然できません。(これが後に仇となる)

担当は関西ジュニアの西畑大吾くん。

オタ活は基本遠征組。(地元は読んでいけばバレます。)大阪までは夜行バスで大体8時間、新幹線だと3時間ちょっとといったところでしょうか。

 

 

2.就職活動において大事にしたこと(私の軸)

 

就職活動を行いながら、最終的に大きく変化をしているので、これについては、結果論的な話になります。ですが、就職活動を終えて思うことは、軸を見つけることと、その優先順位を把握しておくことは非常に大切だった!ということです。

 

①地元で働ける

この理由は後に詳しく述べますが、簡単に言いますと会いたい人たちに会える距離で仕事がしたいことと、とりあえず社会人になってもしばらくはお金に困るのが目に見えているので実家暮らしで貯金をしたいこと。といったところです。

 

年功序列成果主義

平たく言えば事務より営業がしたいぜこのやろー!と言ったところです。(笑)お給料もらうにしても、自分が頑張った分が反映されるってわくわくするなあって。もちろんその反面いつでもリスクと隣り合わせでもあるのですが、目に見えて何かしらの形で自分の頑張りが反映されるスタイルのほうが、私は働くモチベーションが上がるなと思い、結果的に就活の最後のほうは営業職ばっかり受けていました。

 

③結婚しても出産しても長く働ける(妥協点)

③については、結果的に捨てました。でも、これだけは結構最後の方まで悩んでいた軸だったので参考までに載せておきます。

 

このあたりでいいでしょうか。

それでは、いよいよ時期ごとに振り返りながら本題に入っていきます。

 

3.ジャニオタ(ジュニア担)の就活日記

 

~3年後期

 

周りで知ってる限り、早い人は2年生の夏休みあたりから5日間程のインターンに行ってる子もいました。私の友人達のインターンピークは3年の夏休み。

その頃、私は何をしていたか。

バイト、バイト、少年たち、バイト、少年たち、バイト、バイト…

就職活動の”し”の字もなく、ただひたすらに、オタ活を来年は謳歌出来ないであろうと思い込んでいた為の社畜生活を送っていました。

この頃は漠然と、就職は本州でしたい!!と思っていました。アルバイト掛け持ちをしていた頃でもありますが、就活費用を貯めるのが本来の目的でした(オタ活に使いすぎて結果的に貯金ほとんどありませんでしたが)。

 

3年10月~11月

大学の就活決起集会みたいなイベントに参加して少し焦り始めたころ。

 

先輩に質問できる時間で、東京と地元間で就活をしていた先輩にかかった就活費用を聞いてただ唖然とし、このままの貯金じゃやばい!と焦った時期(焦るところを間違えている)。

マイナビリクナビは、おそらく3年の4月あたりに大学で強制的に登録させられていたんだけど、その他の就活サイトを色々探しては登録した時期。でも、登録するだけでイベントやらセミナーやらの案内メールは開くこともなく削除していた記憶があります。

今思えばちゃんと見て参加しとけばよかった!!!と思うばかり。

この頃から大学でも就職セミナーが定期的に行われてました。私は、アルバイトを優先してほとんど行ったことがないのですが、来年度以降卒業される皆さんはぜひ行ってください。なぜなら、そんなことをして機会を作らないと、就活のあれこれなんて基本的には黙ってても誰も教えてくれないからです。セミナー行って座って話聞いてるだけで知識が降ってくるなんて幸せそのものだと…。

 

3年12月

初めて某就活サイト主催の就活イベントへ参加する。

 

名目としては、インターンシップフェア的な物だったと思います。私は話を聞くだけ聞いて終わってますので、結局そのあとインターンを予約して参加して…というプロセスは踏んでいません。なぜなら、まだ本州への就職を考えていて、地元のに参加してもなあ…なんて馬鹿な考え方をしていたからです。

今思うと、ここをきっかけにきちんとインターンに行っていれば…と思います。ぶっちゃけた話、就職活動をする中でインターン枠というものは存在すると聞きます。解禁からよーいどん!で説明会行って選考踏んで…としても、もしかしたらもうその時点でほぼほぼ内定決まってるような子がいるなんて会社もあるかもしれない。ということですね。

ちょっと、大げさに書いてますけど、そうじゃなくてもインターンに行くことで得るものは必ずあります。なので、来年度以降卒業の皆さまは、興味があるなしの先入観抜きにぜひこういう機会は逃さないでください。(詳しくは後述します)

 

オタクとしては、クリパに1回だけ参戦する。

この頃の私の口癖、「来年は現場断ちするから!!!」

理由としては、地方在住のための金銭面。それと時間の問題。それらもろもろ考えたときに、アイドルは逃げない(とは言い切れない部分もあるけど、そう仮定して)けど、就活は乗り遅れたら終わる。社会人になれば現場だってまた行けるからそこ数か月の我慢なんてたやすいもんだ!!!といったところ。

(後に本当に現場断ちします)

 

3年1月~2月

冬季インターンシップに参加(小売1社、マスコミ関係2社)

年が明けてようやく就活らしい就活準備を始めました。たぶん来年度卒も同じスケジュールだとは思いますが、解禁前の冬の期間は1日や2日で終わる短期集中型のインターンがかなりの数ありました。

私はこの頃は、マスコミ関係に就職したいと思っていました(結局終わってみてその欠片もないのでぶっちゃけます)。なのでインターンもマスコミ業界中心。オタクだからとかは正直全く業界を志す理由の1ミリにもありませんでした(故にテレビ関係とかは全く興味がありませんでした)。

 

先ほど、インターンには参加するべきだと言ったのは、このインターンの経験こそが就職活動のモチベーションに繋がったからです。

最初に参加したのは小売業のインターン…というよりもジョブセッション。この1歩を踏み出して、他の同世代が就職活動に向けてどのような気持ちを抱いてて、どんな準備をしてて、私はどれだけ遅れてるのかを気付かされました。

実際、大学の友人たちと就活の話するなんて照れくさくてできねーや!なんて投げ出したくなる風潮もありましたが、こういう場所に飛び込んでみると、何かを持って帰ろうと思ってる人が多い。マスコミのインターンなんて尚更でした。

インターンに行くことで、自分の今のレベルを知ることも出来たし、改善点もボロボロ見つかった。おかげで、解禁までに少しなりとも心の準備が出来たのかなと思います。

 

オタクとしてはジャニーズWESTのラッキィィィィィィィ7ツアーに参戦。

就活前ラスト現場!!!

 

3年3月~4年4月

就職活動解禁の時期、合同説明会と単独説明会ラッシュ。

早いところは、この時期から選考も同時に始まってきます。

 

所謂テレビでよく放送されるような大きな会場での合同説明会にも行きました。

気になる企業は片っ端から単独説明会を予約しました。単独説明会に参加しないと選考に参加できないという企業も多かったというのも理由の一つですが、それよりも自分の目で、耳で、肌で、聞き分けないと怖くてわからない。その企業を他人がどう評価してようが、受けるも受けないも、行くも行かないも、決めるのは自分です。就職活動は自己責任。だからこそ「情報は足で稼ぐ」スタイルは一貫していました。

 

…とここまではすごくいい感じの雰囲気が漂ってますが、私はここでESと履歴書ラッシュと共に自己分析を始めます。遅い。遅すぎる。そして、SPIは本を購入してましたがきっぱりと捨てました。(こんなことしちゃだめですよ!!!)

SPIに関しては、中学高校とまともに勉強をしてこなかったために、本を読んでも思い出す作業というより、1から覚える作業になるので、ちんぷんかんぷん。もう嫌だやーめた!と投げ出しています。来年度以降卒業の皆さん。絶対に真似しないでください!超勿体ないから!!!

 

でも、自己分析に関してはやらないと自己PRと学生時代頑張ったことという2大巨頭が出来上がらないので、とにかく何もかも書き出しました。たくさんの友達に他己分析もお願いしました。この時に思ったことは、オタクやっててよかった!と!(語彙力)

ジャニオタをやってると、年代も幅広いお友達が出来ますが、そのみんなにも他己分析をしてもらうことによって、自分のイメージがとても広がりました。同世代だけだとどうしても似たようなイメージになりがちなので、イメージの選択肢を広げて、自分の見せたいイメージを切り取る作業が出来たことはとても大きかったです。

 

この頃は、先ほど述べたマスコミ業界を中心に…と言っても実際のところ、業界はあまり狭めずに営業職を中心とした就職活動にシフトしていました。

自己分析をしたことで、就職活動で譲れない軸がやっとここで見つかっています。

それと共に、漠然と本州で就職したい気持ちが薄れ、地元とその近辺の県で就職したいなあ…と思い始めます。

 

そして、この期間にあった春松竹は先程述べた通り現場断ち宣言を実現。

ドリステの舞台挨拶も諦めました。

その時間があるなら早く就活を終わらせたい!が本音でした。

 

 

しかし、私の就職活動はここで一旦途切れます。

 

4月中旬~5月中旬

就職活動(ほぼ)休止期間

 

理由としては地元で地震があったからです。もちろん、物理的な意味でも地元就職を志していたので、選考がほぼストップしてしまったというのもありましたが、一番はメンタル面でした。日々の生活、これからのこと、就活うんぬんより考えることが大量にありすぎて、ESの提出締め切りを遅らせていただいたり救済の措置を取ってくださった企業さんもたくさんありましたが、それらももう選考に足を突っ込んでる企業を除いて一旦全部蹴りました。

この時点で持ち駒5社?だったかな。

 

でもここで一旦休憩したのは正解だったと思っています。おかげで気持ちを切り替えてまた頑張ろうと思えたから!

そして、これをきっかけに会いたい人にすぐ会える距離で働きたい!!!と軸①の地元就職へと完全にシフトしました。

 

5月中旬~8月上旬(内定)

就職活動スパート

 

ここからは簡単にまとめます。

まず、地震前に選考へ進んでた企業は6月中旬にすべて落ちました。その中には最終選考まで行ったものもあったし(初めてのお祈りメールに少し感動する)、お祈りメールが来ることなく、落ちたらサイレントのまま自分で落ちたと判断したり。(受かってたら○週間以内に連絡しますね、という企業も中にはあります)

当初本命だった企業はいろいろなストレスから初面接の日に体調を崩したせいでだめにしたり。

 

就活を再開してからはANOTHERまでには決めてやる!!と意気込んでいました。

 

ですが、全部リセットされたときはさすがに焦りました。そこからまた説明会→書類→面接と1から踏んでいくのですが、その中でとある企業の人事の方に「そのままじゃ最終面接まで行ってもどこからも内定をもらえないよ」と言われます。

原因としては、企業研究がまったく足りておらず、1次や2次の人となりを見る面接は簡単にクリアできたとしても、その企業への熱意や興味が問われる最終面接で研究の浅はかさが露呈して落ちる、というものでした。

 

結局、その企業は途中で選考を蹴っていますが、その方のおかげでリセット後に巡り合えた第1志望の企業から内定を頂き、就職活動を終えました。

 

オタクとしては、無事にANOTHER2公演、そしてキスマイツアー1公演。

心置きなく楽しむことが出来ました。

 

 

4.就職活動を終えて

 

地方在住の私にとって、オタ活と就職活動を同時に両立させることはやはり難しかったです。でも、無理に私のように現場断ちする必要はないと、終えてみて思います。

ちゃんとした根拠や理由があって、無理だと自分で理解していたら、現場断ちしたとしても自分にしっかりと言い聞かせることが出来ます。でも、迷ってたら現場に行くという選択肢もありだと私は思います!

だって、ANOTHERが決まって就職活動をしていたときの私の内心は、辛いことも乗り越えれば大好きな大吾ちゃんが待ってる!!!という気持ちでいっぱいだったので(笑)アイドルって最高の息抜きになります。だから現場の予定を作ってモチベーションをあげよう!というやり方も正解だと思います。

 

これを読み終えて、薄々感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、私は就職活動をするにあたって、オタクのしやすさとか一切重視しませんでした。だから、地元就職に決めたし、土日休みとか一切重視しませんでした。(内定先は平日がお休みです)

もちろん、自担のために生きたい!自担中心の生活してるからそこに焦点を合わせたい!って考え方もありだと思います。むしろ、考え方は人それぞれです。

 

ただ、私はそうじゃなかっただけです。あくまで私の個人的な意見ですが、ジャニオタって極端な話何歳になってもできます。何歳になったから応援しちゃいけないなんて勿論ありません。辞めたくなったら辞めればいい。

でも、働くって何らかの形で一生付きまとってきます。専業主婦だって立派な仕事というように、基本的に何かしらの形で働かなきゃいけない。そう考えたときに、自分が心から納得して、やりがいを感じることが出来て、自分をぐんと高めることが出来る、そういう働き方をしたい!と思いました。全部がすぐすぐかなうとは勿論思いませんが、せめて将来的にそう思えるための準備をしたい。

 

就職活動は自分のことを見つめなおすいい機会だと私は思います。

辛いこと、苦しいこと、投げ出したいこと、いっぱいあったけれど、こんなにじっくり自分自身と向き合える時間ってなかなかないんじゃないかなと思います。

 

あまり大したことは書けてないと思いますが、私なりの視点で自分の記録として、就活日記を残してみました。

少しでも誰かの役に立ったとしたら幸いです!

 

もしこれを読んでみてもう少しここが聞きたい!等あれば気軽に聞いてください。大したことは話せませんが、私もいろんな先輩方に話を聞いて1つずつ疑問を解消したことがとても良かったなと思っているので!

 

私も来年から社会人1年生頑張ろう!!!

 

それでは、長い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日も、明日も、その先も、ずっと笑顔でいられますように。

 

 

過去と今

こんにちは。

 

突然ですが、最近のまいジャニに私自身、

昔みたいにかぶりついて見たいほどの熱が

少なくなってきたように感じました。

なんでだろう。

 

こんなふとした疑問から、

過去の自分と決別しようという記事を書くことにしました。

 

 

最初に言っておきます。

 

ジャスミンさんにはもしかしたら反感を買うかもしれません。

でも、私は今のジャニスト、大好きです!!!

 

 

では。批判を承知で最初に戻ります。

 

私ってまいジャニの何が好きだったかってたぶん

デビューに向かって右も左も分からないようなみんながギラギラ輝く目つきで

色んなことに食らいついていく姿勢が好きだったんだと思います。

 

番組の内容ももちろん、それより何より

急にくっつけられた6人が徐々にひとつになって

同じ方向を向いて進んでいく姿が好きだったんだと思います。

 

 

それに不協和音が生じて

番組からひとり、またひとり。いなくなる。

 

そんなこと、いつ誰が想像できたろうに。 

 

異例の関西ジュニアだけのレギュラー番組、

関西ジュニアのトップがいない自分たちだけのまいジャニコン

 

普通に考えるとあり得ないくらいの恩恵を預かってて

これはデビューは近いぞ!なんて勝手に思ってた時期もありました。

 

 

あの夏までは。

 

 

2度目の、最後のまいジャニコン

あとあと話されたジャニストのデビュー話と合わせると

デビュー直談判の時期と被るわけですね。

 

もしかしたらそれまではデビューさせるつもりでいたかもしれない。

デビューがあるのだったら、彼は煌めく世界からいなくならなかったかもしれない。

 

 

たくさんのもしも、を考えた時期がありました。

本当は、デビュー発表してしばらく、

直談判で掴み取ったデビュー話に沸くみんなを見て

羨む気持ちを持ってることもありました。

 

そこからドリボがあり、徐々にみんながバラバラになったのは

皆さんも知っての通りです。

 

ジャニストが羨ましくて、あの時直談判しなければ、

デビューしなければ、なんて思うと悔しくて。

そんな時期もありました。

 

 

だんだんまいジャニに魅力を感じなくなったのは

そんなことがあってもう少し先のこと。

 

たぶん彼らの中でも彼と彼は感じたのか聞いたのか。

憶測でしか分からないけれど、

だからこそ今に至るんだと思うけれども。

 

 

モヤモヤした気持ちをしばらく抱えていました。

 

 

デビューしてからの最初の春松竹、行かなかったけど

いろいろ聞いて不安だけ募りました。

 

でも今こうやって、新たな関西ジュニアが少しずつだけど形になってきて、

あの夏にやったAnotherが新しい関西ジュニアで戻ってきます。

 

 

きっとこうやってこの夏を迎えるのも運命だったし、

今ではこんな最高な関西ジュニアを見れることに感謝してるし。

 

何よりみんなを育ててくれている浜中文一大先生と、

後への道をたくさん作ろうとしてくれているジャニストさんには

関西担として頭が上がりません。

 

 

最初の話からはだいぶ逸れてしまったけど、

自担大好き!自担にいちばん売れて欲しい!が

ジュニア担には大勢いて、私もその中の一人で。

 

でもやっぱり今のまいジャニでジュニア大集合すると

ワクワクして仕方なくって!!

 

関西ジュニアと関西担の魅力である

関西ジュニアが大好き!!!って気持ちを再確認させられています。

 

 

さて、今最高の関西ジュニアが観れる今年の夏、

Anotherもいよいよ明日から始まりますね。

 

メイン担である私が言ってもこいつ…って思われるかもしれないけど

今年もフォトセ、出してほしかったな。みーーーんな。

 

千秋楽のフォト一揆も過去のことになって行くのかな?

と思うと寂しいけれど、

 

いつまでも関西ジュニアが大好き、でも自担がやっぱりいちばん好き!

 

な人たちの集まりであることだけは変わらないでいて欲しいな。

私もいつまでもそうやっておたくしたいな。

なーんて思う夏のある日のことでした。

 

 

それでは、関西ジュニアの充実した夏と、健康をねがって。

今日も、明日も、その先も、ずっと笑顔でいられますように。

西畑大吾くんのすごいところ



なんかすごい小学生の作文みたいなタイトルになってしまいましたが!!

近々これをしたためたいと思ってましてついに書くことに決めました!!!


Anotherを目の前にしてもっと色んな方に西畑大吾という魔力魅力の塊を知って欲しい。
ただそれだけです。(笑)



ちなみに彼は1997年1月9日生まれ
現在19歳です。

そうです、19歳なんです。

それを念頭に置いた上で話していきます。


朝の連続テレビ小説ごちそうさん」「あさが来た」に出演してジャニヲタ以外の認知度も掴んだ大吾くん。


まず、このタイトルの並びかっこいい()


正直ごちそうさんに出演するまでは演技派というよりザ王道アイドル!っていう感じがとっても強かった気がします。


それが外部の波に触れてどんどん変化したんだけど、私がいちばん彼のいちばんすごいなって思ったところは、ここなんです。



「飲み込んだものを100%次に反映する」


そうやって今の彼の立ち位置を自分でしっかりと掴み取ってきたんだろうなって、私なりに見守りながら感じています。


ごちそうさんを掴んだのもきっと自分でだろうけど、(そこだけは知識不足…ごめんなさい)

そこからのEndless SHOCKへの大抜擢、関テレ主催の舞台への抜擢(本日、家を買います。)、それからあさが来たの養之助くんはオーディションで掴みとり、更には地上波バラエティである炎の体育会TVでしっかり爪痕を残しています。


こうやって掴み取ってきたものを並べると、すごいんだよね。改めて。


現場行くにしてもオタク冥利に尽きるというか、新しいお仕事が決まる度に飛び上がりたいくらいの嬉しさを与えてくれる。



もし時間があればなにわ皇子時代の大吾くんのパフォーマンスと、今の大吾くんのパフォーマンスを見比べていただきたい。


本当はSHOCKを境に変わったパフォーマンスを貼るべきなのかもしれないけど、厳選できません………(笑)


とにかく何が言いたいかというと、1個1個の大仕事を終えた後の確実な成長を見守ることができるのでとても楽しいってことです!!!



そしてね、今の大吾くんしか知らない人は周り見ながら頑張ってMC回してるイメージが強いと思います。

でも、昔はまっっっっったくと言っていいほどコンサートのMCでは空気のような存在(といったらあんまりかもしれないけど)かのように発言しなかった。これほんとに。

背負うものが大きくなればなるほど、自分の立ち位置を、頭でわかって振る舞い方を臨機応変に変えていくんですよね、彼。


ここまででも相当すごいというか、かっこいいと思いませんか!!!


たぶん周囲の空気を感じ取って動くのは得意なんだろうなって思う節がたくさんあるのでそこは皆さんぜひ今までのまいジャニ等々ご覧下さい♡



あと私が一番好きなところ。

「したたかに前を見据えるところ」


したたかというと聞こえが良くないかもしれませんが、私の中ではとっても褒めてます。言い換えるならば虎視眈々とでも言いましょうか…

どこを見てるのかは正直本人にしか分からないけれど、彼が見据えるものに向かって1歩ずつ着実に、したたかにしっかりと掴んでいく。


したたかって、アイドルには重要な要素だと思うわけです。仲間を大切にするだけじゃなくて、仲間だからこそ、その仲間を出し抜く気持ちとか、そういうものがなければいつまで経ってもせっかくチャンスをもらってもくすぶるだけで意味がない。


そこで次につなげるチャンスを得るためには俯瞰的な視点が大切だし、でもそれを前面に見せるのは違う。だから、したたかって言うのは褒め言葉なのですよ。




ここまで支離滅裂な文章になりましたが、最初に言いました。
19歳がここまですごいんです。まだまだ若いからまだまだ経験も成長もたくさん出来る。

こんな西畑大吾くんのこと、少し見てみませんか?


ということでAnotherのスタートまで残り約1ヶ月!



今年はみんなで幸せな夏を過ごしましょうー!!!
そして大吾くんのグッズ出たら手にとって見てください!吸い込まれるはずです!!!(これもとっても言いたかった)



おあとがよろしいようで…と言いたかったけどあんまりうまく締まりませんでしたので出直してきます(笑)
 

それでは、今日も、明日も、その先も、ずっと笑顔でいられますように。

#ジャニヲタ遠征必需品(その2)

 

皆さんこんばんは。

前回の記事に熱くなりすぎたということで、

今回は遠征時の化粧事情についてです(ざっくり)

 

できれば前回の記事を読んでもらえたほうが

うん!なるほど!となると思うのでぜひ!!

ttdg25.hatenablog.com

 

それでは張り切ってまいりましょう!!!

 

まずは基礎系ポーチとその中身

f:id:ttdg25:20160504215352j:plain

 

ネコちゃんポーチはいつぞやの雑誌の付録。

(結構付録ポーチ活用する系おたく)

 

左から歯ブラシ、シャンプー・リンス、クレンジング

洗顔、ヘアオイル、ヘアスプレー、オールインワンジェル

 

ボディーソープとかは探したけど行方不明…。

結構シャンプーリンスは試供品を

代用されてる方が多いですが私捨てちゃう…。

(正しくは親に捨てられる)

 

これにあとは香水とコテ、ヘアワックス

夏は日焼け止めと制汗剤、冬はボディークリーム

(今年はまだ日焼け止め買ってないです…やばい)

 

ほんとに基礎的なものしか持ち歩かないし

化粧水とかはかさ張るのでオールインワン一択!

ちなみにこれはちふれですが、

文句なしの役割を果たしてくれるのでおすすめです。

ちょっとべたべたが気になるかもだけど…

 

続いて、前回の記事から持ち歩き用ポーチの中身

f:id:ttdg25:20160504220257j:plain

 

左はコスメ、右は必要最低限のものたち()

だいたい左のポーチの中はころころ変わりますが、

基本はアイブロウと、アイシャドウ、チーク

フェイスパウダールージュ(グロスなど)

5点が入ってれば私は問題なしです!!!

 

重要視してるものはお値段の安さと使いやすさ

 

右のポーチは常に持ち歩かないと落ち着かない(笑)

昔バイトでもらったポーチ(そろそろ替えたい)に

雑誌付録のキティミラー(スライド式)、

ミンティア(ブラックは必須)、100均のヘアブラシ

絆創膏、軟膏類(飲み薬も)、リップ(薬用と色付き)

それから目薬1dayコンタクトとヘアゴム、ヘアピン

 

リップは唇荒れやすいから絶対薬用は必須!!!

そして、基本的に裸眼で生活してるので

普段はコンタクトなんてポーチに入れておりません。

遠征となると自担を見なきゃだから別だけどね!!!

 

 

そして、遠征用にいかに少なく出来るかを

毎回モットーに厳選する大元のメイクポーチ。

 

f:id:ttdg25:20160504221236j:plain

 

たぶん皆さんはもっとちゃんといろいろ持ってるんだろうな…

公開したからにはこれからはもっと頑張ります…。

 

とりあえずはファンデーションと下地(たまにBBで代用)

前髪用に黄色のピン、マスカラライナーは3種類(?!)

マスカラ下地アイコーム(っていうのかな???)

持ち歩き用とは別にリップリップバームリップブラシ

コンシーラービューラー

 

前述の持ち歩きメイクポーチと合わせたら

しっかりとメイクできる仕様になっております。

 

たぶん皆さん引っかかってるのはアイライナーかと…。

これだけはどうしてもメイクするその時まで

迷いに迷ってしまうので全部持っていきます(笑)

 

ちなみに、リキッド(ブラック)と

ペンシル、ジェルライナー(ブラウン)。

 

そして見ての通りほぼほぼプチプラしか使いません。

なぜならお値段の安さと使いやすさを重視するから。

 

でも自分の年を考えるとねえ…

会場でデパコスのファンデーションを取り出すお姉さま。

超!流行ってる恋リップを取り出すお姉さま。

そろそろ憧れるようなお年頃なので頑張ります…(笑)

 

 

ということで、ジャニヲタ遠征必需品ということでしたが

(だいぶ最後話が逸れましたが)

普段は友人に結構荷物少ないねって言われることが多いのですが

私はぎゅうぎゅうに詰めてるだけで

かなり持ち歩いてるもの多いんじゃないかな?と思っています。

 

でもね、いつも自分に言い聞かせてることがあります。

 

最悪財布と携帯とチケットがあればなんとかなるから!!!

 

昔、遠征ではないですが友人との旅行で

この記事(その2)に書いた一式を自宅に忘れたこともありました。

それでもなんとかなりますので(笑)

 

顔団扇とかペンライトなら現地で調達できます。

いろいろ書いたけど意外となんとかなります、大丈夫です。

少しずつ夏の現場も動き出してきたころですが、

遠征を考えていらっしゃるオタクの皆さま、

共に頑張って生きましょう!!!!!

 

 

ということで締めさせていただきます。

 

 

今日も、明日も、その先も、ずっと笑顔でいられますように。

 

 

#ジャニヲタ遠征必需品

皆さま、GWはいかがお過ごしでしょうか。

私は昨日ウキウキする予定は終わって

残りのGWはバイトと自動車学校に勤しみます…悲しい。

 

 

そんな中、だらだらしていると

Twitterでこんなタグを見つけました。

 

#ジャニヲタ遠征必需品

 

すごく皆さんの必須なグッズがためになる…と思う一方、

私って普段何を持っていってるんだろう?

とふと自分の遠征に対して興味が沸きました(笑)

 

そんなくだらない理由と暇が相まってやっちゃいます!

地方民が遠征するときの必需品(私の場合)。

 

誰得でもないのはわかっております。(笑)

あくまで自己満なのでご容赦くださいませ!!

 

 

はい、まず日帰り遠征の場合。

f:id:ttdg25:20160504211020j:plain

だいたいこれはそこらへんにお買い物行くようなときも持ってるやつ。

写真+携帯とウォークマン

 

左上のRETRO GIRLのバックを最近愛用中

(基本安いものばっかり好みます。)

手作りティッシュケース、黒いハローキティーのキーケース

キティちゃんの顔はパスケース

遠征の時は隣の地元のnimocaを持ち歩きます。

(結構キャラクターとかが評判良いから!)

 

そして真っ赤なキティちゃんの手帳にフリクション

手帳にチケット挟む派だったりします。

でも最近は寮フェス!DVD特典のファイルに挟むかも。

 

付録のマイメロポーチには充電器とモバイルバッテリー

そして白黒のピアニッシモのポーチ

(私はタバコ吸いません)には目薬、リップなど。

 

そして財布は大学入学して間もない頃に

奮発して買ったクレイサス(綴り忘れました)

少し汚れてきたから替えたいけど

愛着が…でなかなか気に入ってて替えられない!

だがしかし。

f:id:ttdg25:20160504211304j:plain

愛着があるあまり(?)

遠征のときはいつしかの雑誌の付録のこの方を

持ち歩くことも最近は増えてきました。

 

f:id:ttdg25:20160504211801j:plain

そしてこれらも普段大概持ち歩いてる。

下の龍角散、ウエットティッシュ、カロリミット

汗ふきシートは左上のこれまた付録のポーチに。

 

そしてくまちゃんポーチは100均購入。

あめちゃん入れてます。

そして場合によっては折り畳み傘

 

近場日帰りだとだいたい、これに団扇と双眼鏡と

お手紙プレゼント類を入れたトート(昔はショプバ)を

持ち歩きしてます。たまにメイクポーチも。

(基本ポーチ持ってても化粧直ししないから)

 

トートに関してはだいたいいつかのコンサートのグッズを

使用してたりするので割愛します。

(ちなみに使用頻度が高いのはデビュー組の場合前回の物)

 

 

はい、そして日帰り遠征(夜行バス利用)の場合

え、バカじゃないの?!…って思ったそこのアナタ。

私は日帰り遠征を夜行バスで全然かなえられる人です。

 

その場合は先ほどのものたちにこちらを追加

f:id:ttdg25:20160504212410j:plain

きたないですね…(笑)

100均の折り畳みスリッパ、エア枕

キティちゃんのアイマス、それからマスク

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが

わたくしハローキティ大好きなので溢れてます(笑)

 

だいたいこれに+メディキュットかなあ。

エア枕はやっぱり安いからか膨らみにくく萎みにくい。

だからそろそろ買いなおそうか検討中です。

いいエア枕あったらどなたか教えてください!!!

 

 

ここまででも書きすぎた感否めませんが(笑)

続いて泊まりで遠征する場合。

f:id:ttdg25:20160504212722j:plain

1泊なら、去年ユニバで一目惚れしたこのトート。

 

f:id:ttdg25:20160504212751j:plain

連泊が増えて荷物入らないときはこのキャリー!

機内持ち込みOK、海外使用するためのロックもちゃんとついてます(一応)。

 

キャリー替える!!!と何年も前から言いながら

去年やっと旅行グッズ専門店に足を踏み入れ、

優しい店員のおばちゃんにピッタリなものを見繕ってもらいました…号泣。

 

 

それはさておき。

 

だいたいこの中に入れるものは着替え、下着、パジャマ類

それから基本的な化粧品と香水、夜行バス用に使うものたち。

アイロン類はコテのみ持っていきます。あと延長コード

(改めてまた紹介します)

 

そして何よりこれらが増えます。

 

f:id:ttdg25:20160504213232j:plain

 

左上から双眼鏡とそのポーチ

(双眼鏡はドーム用、ストラップは嵐のぽぷこん)

黒いポーチががっつりメイク用のポーチ

さくらんぼ🍒のサブバック

(何かと便利、以前のバイト先で常連さんにもらった)

手前のがま口のポーチは持ち歩きメイク用

そして…のど飴

 

大概消費しきれないほどの飴ちゃん持ち歩いてます(笑)

のど飴ないとホテル宿泊辛いしね?!!←

私を見かけたら飴ちゃんあるか聞いてもらえると

だいたいの場合は貰えると思います。

 

なんだかんだ団扇とお手紙とプレゼントで

荷物が結構増えてしまう人なので、

帰りのお土産でだいたいプラマイゼロになります。

 

 

やばい、この時点で結構書きすぎました…

あと遠征時のメイク、スキンケア事情について書きたいのですが

記事を改めたいと思います。

 

またこのあと続けて更新したいと思いますので、

とりあえずは一旦締めますね!!!

 

 

もしも西畑大吾がソロコンをするなら

はい、早速流行りに乗っかってみました。

所謂暇人でございます!←
 
f:id:ttdg25:20160428162325j:image
 

大吾くんがもしソロコンをするなら!

わたしの独断と偏見によるセットリスト大公開したいと思いますどーーーーん!
 
 
西畑大吾ソロコンサート
(バック 正門 こじけん 赤名 14年&15年組)
 
1.Happy Happy Lucky You!(全員登場)
 
ド定番から始まります、のっけから最高潮!
みんなでハッピー!な感じでキラキラな幕開け!
 
 
3.キ・ス・ウ・マ・イ〜Kiss your mind〜<Kis-My-Ft2>(〃)
  大吾正門こじけん赤名で顔くっつけて
  ポールもきっちりお願いします♡
  ちゅっちゅっ…って顔をしてるのがすぐさま想像できるあたり大吾さまさま。
 
4.粉もん(メンバー紹介)<ジャニーズWEST>(〃)
  C&Rのとこでがっつりメンバー紹介!
  みんなでバカになって踊ろうぜい!はいはいっ!
 
5.1992*4##111<二宮和也>(バック15年組)
  これ大吾くん大好きって言ってたからぜひ歌ってほしい!
  ハット被ってズボンもドルマンでよろしく!!
  バックのちびちゃんには風船持ってほしいなあ~~
 
(ちびコーナー)
6.Hey!Say!<旧Hey!Say!7>(14年組)
  おそらくセンターは道枝くんだな。ソロもな。
  私にはその絵が見える( ˙-˙ )←
7.キミのため ボクがいる<Sexy Zone>(14+15年組)
  私たちにはないフレッシュ〜☆なキラキラオーラに
  眩しくなりましょうー!!!
  フレッシュジュニア×セクゾの曲って最強だよね…!
 
8.High Five<中山優馬>(正門こじけん赤名)
  この3人には意外と合うと思っている…!
  雰囲気がピッタリだと思うので爽やかに歌い上げてほしい!
 
(大好き嵐♡リスペクトメドレー)
9.言葉より大切なもの<嵐>(大吾)
10.サワレナイ<〃>(大吾+14年組)
11.ROCK YOU<〃>(大吾+14+15年組)
  私が嵐の中で好きな曲ぶっ込んだ感否めず。
  「切り取ったメロディー~」から始まるメドレーってたまらないね。
  間違いない。そしてサワレナイって地味に名曲だと思う。
  ろっくゆーはもちろん!「永遠じゃなくても〜」は絶対ね?!!
 
12.Be with you<〃>(大吾+正門こじけん赤名)
  しっとり歌い上げて欲しいです。
  あんまり普段が自発的にバラード曲に挑戦しないからこそ
  胸きゅんソングでしっかりしっとり見せてほしいなあ!
  ソロコンっていろんなジャンルに挑戦できるのが醍醐味だと思うしね。
 
13.Smile Maker<NEWS>(〃)
  個人的に大好きな曲!とっても元気が出る!!
  なかなかほっといたら(笑)チャレンジしなさそうだからあえて!
  果たしてラップ部分は誰が歌うのか…乞うご期待☆←
 
(大喜利コーナー)
あくまで大吾ちゃんは司会という立ち位置ですな。
フリップ持ってひな壇に座るカワイコちゃんたちを
可愛がって愛でて、いじっていじって、可愛がるという
西畑大吾の西畑大吾による西畑大吾のためのコーナー(真顔)
そして正門くんは扱いがぞんざいにされがち。
気を付けないとオタク置いてかれがちなので気をつけましょう。
 
 
14.Strawberry Dance<Kis-My-Ft2>(大吾+14+15年組)
15.Dye D?<関ジャニ∞>(大吾+正門こじけん赤名)
16.Toxic Love<ジャニーズWEST>(〃)
  大喜利からのカッコイイギャップでみんなイチコロよ?!!
  ダンスコーナーには色気が欲しいなと思ってこの3曲。
  たぶんガシガシのカッコよさを見せるよりは
  チラリと色気に魅せられるような
  そんな曲が大吾くんにはきっと合うと思います。
  わたしの独断と偏見によるチョイスですが
  これが出来たらもっと惚れ直すからお願いします(笑)
 
(MC)
大吾くんと正門くん、こじけん、赤名くんの4人でお話し…かと思いきや
ここでスペシャルゲスト、永瀬廉&大西流星!!
軽く挨拶してもう序盤できっと二人呼んじゃうんだろうね(笑)
なにわで思う存分わちゃわちゃしてください♡
たぶん、大吾くんと廉ちゃんと正門くんの三角関係見れます。必見。
そして最後に次の曲のフリ講座もしっかりと!
…ということは???
 
17.FUNKY<嵐>(全員、ここまで廉ちゃんと流星参加)
  くるっとまわして~とか言いながら踊るのも可愛いね!
  MCでがっつりレクチャーしてもらったので
  ここだけは団扇を置いてみんなでファンキーしようぜ☆★
 
(バック)
18.chau#<Hey!Say!JUMP>(ちび)
19.WILL BE ALL RIGHT<KAT-TUN>(正門、こじけん、赤名)
20.どこまで Happy!!!<A.B.C-Z>(バック全員)
  ここで大吾くんの休憩タイムも兼ねて(笑)
  chau#の曲としての可愛さ異常だと思うんだよね。天使が生まれます。
  そしてどこかにKAT-TUN入れたいと思ったらこうなりました。
  えびさんは大人っぽい曲が多いから出来るだけフレジュに似合うものを!
 
21.虹<二宮和也>(大吾)
  はいでた〜〜〜!!!みんなが待ってた甘々タイム~~~!!!!
  きっとみんな絶対どこかで入れると思ってたよね?大正解!!
  ということで、きっちりピアノも練習していただきます。
  弾き語りで思いっきり沼に沈めてほしい…(´;ω;`)
  これを聴けばみんな大吾くんの沼へ仲間入り決定ですね。うん。
 
(バンドメドレー)
22.雨傘<TOKIO>(大吾+正門こじけん赤名)
23.Dash!!<Hey!Say!JUMP>(〃)
24.ほろりメロディー<関ジャニ∞>(〃)
  もちろんこのメンバーでバンドは外せないね!
  バンドといえば…なグループから集めてみました。
  ほろりメロディーに関しては
  「あかん、惚れてもうた」を言って欲しいだけだよね!(自己満)
 
25.Love Situation<嵐>(大吾+ちびたち)
26.still...<〃>(大吾+正門こじけん赤名)
  嵐の曲でやってほしいって一番最初に浮かんだのがこのふたつ。
  still...は大吾くんも好きって言ってたし!これは終盤にほんとに相応しい。
  ラブシチュは大吾くんひとりで二宮パートと
  「チカヅキタイ」の美味しいとこどりしていいよ♡
  そのためのソロコンでしょ?()
 
27.NEXT STAGE(全員)
  やっぱり本編最後、ちゃんと関西曲忘れてません。
  ここまでひっちゃかめっちゃかしても関西なのです。
  彼らは関西ジュニアなのです。
  だからこそ全力で見せつけてくれ…!!!!!
 
(アンコ)
28.ロマンティック(〃)
29.バンバンッ!!(〃)
  アンコと言えばド定番のファンサ曲二連発で
  オタクの消化不良も解消していただきましょう(笑)
  もはやファンサ曲皆無なコンサートだとブーイング出そう(笑)
 
(Wアンコ)
30.Happy Happy Lucky You!(〃)
  最後しめるならやっぱりこれしか思いつかないなあ、
  いろんな運命を握ってる曲のような気がしてね。
  今キラキラなスポットライトの当たるど真ん中にいるからこそ
  これは始めと締めに相応しい!!!
 
 
ということで全30曲(多いな)のセットリストでございました!
大吾くん=嵐が大好きのイメージが強いことと
私自身が元嵐担だったことから嵐曲多めです(笑)
 
普段、ジュニアって嵐の曲やらないイメージがこれまで強くて
最近でこそちょこちょこ見るようになったけど…!
 
でもここまでやってみて皆さんと同じことを言うかもしれませんが、
やっぱりセトリ考えるのって難しいですね、
こんな大変な作業をファンが喜ぶように!って一生懸命考えてくれる
ジャニーズの皆さんにはやっぱり頭が上がりません。
 
(セトリ気に入らないとき多少文句言ってたことも反省します。)
 
ここまで書いたらやっぱり会いたくなってきたよ大吾くん…!!!
私の夏は果たしてやってくるのか、
不安なところではありますが、これ以上大学の再開が伸びませんように(笑)
 
 
 
それでは、今日も、明日も、その先も、ずっと笑顔でいられますように。

走り出す背中を追いかけて

お久しぶりです。

果たしてわたしがブログ書いてました(数えるほどの記事だけど)って知ってる方って今どれくらいいるのだろう?と思いながら久しぶりにパソコンに向かっています。

 

 

…正直私自身がこのブログの存在忘れてた!!!

 

でも、この間発売されたPICT-UPの4月号を手に入れて、見開き1ページのインタビューを何度も何度も気付いたら読み返してて、これは言葉にして残したい何かがある!と思い立ってこうなっています。

 

就活生、こんなことする暇あるなら企業研究なり履歴書書くなりやれよと叱っていただいて構いません…。

 

本題に戻りますが。

4月号に掲載されていた向井康二くん×西畑大吾くん×大西流星くんのインタビュー。

写真もいっぱい盛りだくさん!

ピクトアップさんにはしばらく足を向けて寝られません…ありがとうございます!!!

 

でも、そこで彼らが発した言葉を聞きながら、私はこのまま6人にすがっていていいのだろうか、と改めて感じさせられました。

 

自分自身、なにきん(向井くん・平野紫耀くん・金内柊真くん・永瀬廉くん・西畑くん・大西くん)の括りはもうなくなって、それぞれがそれぞれの、向かうところへと歩き出していると、分かっていた つもり でした。

 

…つもりだったんだなあって。

ライバルだけど、それを飛び越えた絆で結ばれた仲間、そんな彼らが大好きで。

でも、今回のインタビューで私が受けた印象(あくまで個人的価値観です!!)は、個性がバラバラ、仲間だけどみんながライバル。仕事に対する価値観の違いも前面に出てきたなあ、と。

 

ライバルだけど、仲間。から、仲間だけど、ライバル。

解釈の仕方が今までとなんだか真逆になってしまったような気がしないでもない。

 

おそらく、私がオタク卒業できそう!とルンルンするくらいに現実世界に必死こいて彼らの生きている世界から少し目を離していた隙に、世界はかなり先に進んでいたんだと思います。

(結局卒業できていないからこうして文字を綴っているのですが。笑)

 

皮肉にも、最後に更新した記事はあの卒業式の話で。

私は理想で止まったまま、現実の出来事に追いついていなかったのかなあと思ってしまうところも少しだけありました。(だいぶ大げさかもしれないけど)

 

今回の記事でアイドルの仕事であったり、アイドルを続けることであったり、

結構こちらサイドとしては際どい話題を語る彼らの言葉が、

 

「僕らはもう前を向いています」

 

と言わんばかりの迫力を醸し出していました。

 

だからこそ敵視、悔しいといった感情をハッキリ表した言葉。

その言葉が余計に響いてきたのかなあと思うばかりです。

 

ピクトアップが出る少し前に、大吾くんが一人で掲載されていた女性セブン。

 

ジャニーズJr.は仲間ではあるんですけど、ライバルなんです。

常に個人戦をやっているみたいな感じ。 

(女性セブン 平成28年2月25日号)

 

インタビューの一部を引用させていただきましたが、これが彼らの現在である。

だから受け止めよう。

受け止めて見守ろう。と改めて今回思いました。

 

映画「目指せ♪ドリームステージ!」の公開も、もうすぐ!

(4月16日ロードショーです、みなさんよろしくお願いします!!)

これからまた、メディアで現在を語る彼らを見る機会が増える、はず。

 

それぞれの未来を、ドリームステージを、見据えて頑張る関西Jr.を、

西畑大吾くんを私なりに、これからまた応援していきたいなと思います。

 

久しぶりに書いたから話にまとまりがないのはご容赦くださいませ。笑

 

それでは、今日も、明日も、その先も、ずっと笑顔でいられますように。