Fly!

私史上最強のアイドル西畑くんがいる日常

自分らしさを受け容れる①

こんにちは。いかがおすごしでしょうか。

7月も中旬に入って、梅雨明けと同時に猛暑続きの毎日…そろそろ本気で指先あたりから水分となって解け始めるんじゃないかと妄想するくらいに暑さに既にやられている私です。

 

そんな既に猛暑が続く中、私は仕事柄スーツジャケットを羽織って汗だくまっしぐらなので、どうすればいかにメイクが崩れないかを毎日考えています。というのは嘘ですが、仕事だろうか仕事じゃなかろうが最近は毎日ジャケット羽織ってヒールをかつかつさせております。

 

何故なら、転職活動をしているからです。

 

もしかしたらTwitterのフォロワーさんの中には、今年の4月に社会人1年生頑張った!自分お疲れ!!と頑張って自分を褒めてあげた記事をご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。(既にエントリー消してますが)

 

1年頑張ったんだけど、結局耐えられませんでした。笑

その理由はまあとりあえず置いておいて、現職をやめるとなったときに、なんでこんな現状にまでなってしまったのかな…と考えました。すごく。

考え抜いてひとつ感じたのは、私はどうにも自分自身とそれを取り巻いてきた環境のことが嫌いすぎる。だからもう私なんてどうなったっていいや、流されちゃえー!とか、結局こうなったのは親のせいなんだ!!とか、自分が嫌いなことを正当化して自分も周りも沢山振り回して生活しているな、、としみじみ思ったんです。

 

だから、私の転職活動には裏テーマがあります。

“ありのままの自分を受け容れる” “自分自身に嘘をつかない”

まあ100%すぐすぐ出来るとも勿論思っていません(笑)ただ、その為の努力をそろそろしなきゃなあと思い始めたんです。努力をせずに自分の根っこの気持ちをないがしろにしてきたから、生活してて苦しくなることもたくさんある。そして人には頼ってほしいといつも思っているのに、自分が弱さをさらけ出さずに誰が頼ってくれるんだろう。

 

それで。前置き長くなりましたが、自分をさらけ出すことを決めました。別にこれで友達減ったって元々友達少ないから問題ないし、だからと言って同情票が欲しいとも全く思ってません。

じゃあなんでこんな記事書いて公開するかって、自分に嘘つかないでありのままを受け容れていくって決めたんだって決意表明をするためです(非常にどうでもいい。笑)

 

今まで関わってきた方々に今までの生きづらさとか苦しさとか全部話したことってほとんどなくて、その時々で頼ってきたことはたくさんあったんだけど、それ以前の過去について話したことってめちゃくちゃレアケースだと記憶しています。何せたぶん過去から掘り起こすとめちゃめちゃめんどくさい人なんですよ私。(笑)

両親にも自分の辛さしんどさとか100%ぶつけたことはないし(ぶつけても80%くらいが限界)、それに関しては正直それで正解だと思っています。ただ、別に私は強くないから、むしろ人よりとっても弱いから、1回名刺みたいな記事作って私こんな人ですって作っちゃうのもありなのかなあと思いました。所謂めんどくさがりです。そんなこと言っても結局自己満なんだけどね!!!

 

ということで、こんな経緯でひっそりと(?)今までの自分と向き合っていきたいと思います。その中で今生きづらさを感じている人がいれば、生きづらさを感じているのは貴方だけじゃないんだよって思ってもらえればいいなあ。なんて思ってもいます。

まあ、結局自己満ですが(2回目)

 

 

ということで早速、自分自身を振り返っていきます。

 

私は、小さい頃、両親と母方の祖母と4人で暮らしていました。

父親は仕事柄あまり家におらず、母親はめちゃくちゃ厳しかったです。今思うと、厳しいというよりも完璧を求められていたのかな?とも思うのですが、テストで100点取ったって作文で賞を取ったって褒めてもらった記憶は一度もありません。(笑)ただその分祖母はとっても優しくて、母親に褒めてもらえなかった時も何度も泣きついて祖母に思いっきり褒めてもらっていた記憶があります。そして祖母を味方につける。幼いころからずる賢いのは変わってないです。(笑)

 

そんな幼少期、母親曰く正直私は普通じゃなかったそうで。3歳くらいの時に自閉症の疑いがあるって診断されたこともあったらしいし(診断されてから祖母が必死に言葉を教えたらしい)、幼稚園を2ヵ月くらい休んでいたりとか(原因は不明、別に体調は悪くなかったらしいけど勿論記憶にはない)、小学校に入ってからも度々問題を起こして毎年担任の先生を困らせていました。(何が原因か覚えてはないけど、人一倍先生に怒られていたことだけは記憶にある)

そもそも普通ってなんだよって感じなんですけど、あながち自閉症の疑いって診断されたのも間違いじゃなかったのでは?と思うこともありました。ちなみに、幼稚園くらいまでの記憶にない部分については、物心ついた頃から耳にタコができるくらい母親から聞いていたので、嫌でも刷り込まれています(笑)もっとえげつないエピソードたくさんあるけど、そもそも小学生の頃からそれを子どもに毎日言い聞かせるうちの母親ってどうなんだってずっと思ってました(笑)

 

でも、別に小さいころ生きづらさとか馴染めなさとか、そういったことを感じたことはなかったし、むしろ友達いっぱいいるし勉強も習い事も何もかもが楽しくて、毎年学級委員したり小学校で生徒会入ったりと、かなり活発な女の子でした。ただ、母親にどうやったら認めてもらえるだろうともがいていたのはよく覚えています。

そんなこんなで、めっちゃグレーゾーンな幼少期だったのですが特に大きな問題もなく(あったとしても覚えてないだけかも。笑)過ごしていました。

 

ただ、小学5年生の時に大好きな祖母が癌で亡くなりました。

痛いのも具合悪いのも我慢する性格からか、癌が分かったときは既に末期で、それまで一緒にたくさん外で遊んでくれていた元気な祖母は、入院して亡くなるまでの1年間で別人に変わっていきました。亡くなる前、はじめて通知表でオールAを取って祖母に見せたとき、近くにいた看護師さんに「私の自慢の孫なんだよ」と言ってくれた言葉は今でも忘れられない。ただ、その日を境に容態が急変して、間もなく亡くなりました。

祖母はそもそもシングルマザーだったため、母親にとっては唯一の親でした。私も一番の理解者である祖母が亡くなったことでかなり不安定になりましたが、それ以上に母親は不安定だったと思います。

 

それから、母親は厳しさに磨きがかかり、自分のことでいっぱいいっぱいになっていきました。元々人付き合いが苦手だったけど、授業参観にもあまり来なくなったし、ごく稀に来た際は、帰ってから同級生を褒めちぎる時間が続きました。他に親との活動があっても父親が来れるわけでもないので、だいたい私はひとりぼっちでした。周りの家族を見ながら、出来が悪いから見に来てくれないんだ。私のせいだと言い聞かせていました。

家で母親には完璧じゃない私をそれまで以上に責められるようになったし、かと言って私も追い詰められていたので、反抗して狂ったように泣き叫ぶこともありました。毎日のように母親と殴り合いの喧嘩をしていたし、泣きながら家出して近所の人にかくまってもらったことも何度もありました。そして、小学生ながらすべてが嫌になって飛び降り自殺を試みたこともあります。ほんとどう考えても正気の沙汰ではない(笑)

 

そんなこんなで学校でも保健室にこもりがちになって、でも周囲は変わらずに優しかったし、6年の時の担任の先生はきちんとそんな私と向き合ってくれました。自分自身、何もできないし生きてる価値がないと思い込んでいた(のは6年生の時の連絡帳をこないだ見たら自分で書いてた。笑)そんな私に毎日「頑張らなくていいよ」と声をかけてくれてたし、母親と少しでも上手くいくように親身に考えてくれてました。

結局、先生の思いもむなしく、母親との状況は悪化をたどるばかり。そんな中で忘れもしませんが小学校の卒業式、帰りのHRで親に感謝の手紙を渡す段取りになっていて、みんな親のところに駆け寄ってるのに、探しても探しても母親はいませんでした。HR終わって思いっきり手紙を破り捨てたところまで鮮明に覚えてます(笑)

ちなみに母親がいなかった理由としては「人ごみが苦手だから」。今となっては笑い話だけど、当時の私には悔しくて悲しくて、これじゃ認めてもらえないし母にとってはそれっぽっちの存在だと思って耐えられなかった(笑)ちなみに父親は母が卒業式に行くと聞いていたのでさすがにその話を聞いて怒ってましたが(笑)

 

家庭の状況は正直最悪だったけど、それでも学校に行けば忘れられたし、正直女子のグループに所属するのがめんどくさくて、どこにも所属しない一匹狼すぎて浮いてはいたけど、なんだかんだみんな優しかったし。楽しくやってました。

たぶん、小学生くらいまでは傍若無人で超めんどくさい子ども!!!だったけど自分らしくという点では、家から出ればかなり好き勝手やってたと思います。(笑)

 

ただ、この時点で既に自分自身にはコンプレックスを持っていたし、更にここからそれまで以上に自分に自信をなくしていきます。

長くなりそうなので、②に続きます。